上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サマルカンド(世界遺産)

アフラシャブ丘の南にあるサマルカンド有数の聖地で、ティムールのゆかりの人々の霊廟が一直線に並んでいる、死者の通り
「シャーヒズィンダ廟群」 (値切って4000スム)、シャーヒズィンダとは生ける王という意味で7世紀の伝説がもと。
後でバハディールの情報ノートを読んでたら、手前の墓地から自由に入れるとの事。
それと、シヨブ・バザール横にある、中央アジア最大のモスク 「ビビハニム・モスク」(値切って6000スム)
P1080241.jpg P1080224.jpg P1080238.jpg P1080229.jpg
P1080232.jpg P1080211.jpg P1080334.jpg P10803511.jpg
サマルカンドのシンボルでもある3つのメドレセ ①ウルグベク・メドレセ ②シェルドル・メドレセ ③ティラカリ・メドレセ
のある 「レギスタン広場」13000スム (レギスタンとは砂地の意味)を宿から近いので一日数回見て過ごす。

更にティムール像側にある、ティムール一族が眠る 「アミール・ティムール廟」、霊の住みかという名の 「ルハバッド廟」を見学。
そして歩いて 「グム百貨店」や、ナヴォイ公園周辺を散歩して、夕飯は韓国料理(15000スム)。
P1080324.jpg P1080295.jpg P1080291.jpg P1080282.jpg
P1080312.jpg P1080304.jpg P1080329.jpg P1080318.jpg

コメント - 0

新着記事一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。