上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヒヴァ (世界遺産)

ホテルで朝食を食べてから、高さ約8m、厚さ約6m、長さ2100mの城壁に囲まれてた小さな町 「イチャン・カラ」を観光。
西門以外はチケットのチェックもないので共通券なしでいけるかと思っていたが、メイン所のメドレセではチケットが必要だった為、
西門へ行き共通入場券(2日間有効 19000スム)を購入。

そして順に、牢獄や造幣所があった 「キョフナ・アルク」、中央アジアで最大規模の神学校で現在はホテルになっている 「ムハンマド・アミン・ハン・メドレセ」
青のタイルで覆われた未完成の 「カリタ・ミナル」、薄暗い内部に213本の彫刻された柱 「ジュマ・モスク」、と高さ42mのミナレット(別料金3000スム)に登り街並みを眺め、
1838年に建てられた石の庭と言う意味の豪華に装飾された建築物 「タシュ・ハウリ宮殿」、ヒヴァで一番高い(45m)ミナレットのある
「イスラーム・ホジャ・メドレセ」とミナレット(別料金3000スム)
聖人マフムドの墓 「パフラヴァン・マフムド廟」(別料金)と、暑いので休みながらゆっくり見て、夕方は城壁に登り散歩し、
昼食はバザール内(6000スム)で、夕食は城内のレストランでシャシリクとビール。
P1070905.jpg P1070966.jpg P1070930.jpg P1070937.jpg
P1070955.jpg P1080001.jpg P1070978.jpg P1070980.jpg
P1080003.jpg P1080025.jpg P1080019.jpg P1070951.jpg

コメント - 0

新着記事一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。